カテゴリ:未分類( 5 )

世間で波紋をよんだ、坂東 眞砂子氏の子猫殺し事件。


この記事を知った瞬間、感情的になりました、自分。(反省


いい年こいて、まだまだ青いです。


帰ってきた!?犬猫屋敷の管理人日記の管理人さん、常に広い視野から物事を冷静に見極めております。


一読あれ。

[PR]

by peach--hips | 2006-08-28 12:21

はまちゃんを保護した会の方のつながりで、素敵な人Mさんと出会いました。(素敵な人といってもイケメンじゃないですよ。(^^;)


おぞましい虐待事件にあってしまったこげんた君覚えてますか?





はっきり言って、私はにゃんこのことに関しては激しく無知です。

偶然にもMさんの実家と私は同じ区内住民だったので、区の野良にゃんこ活動についての情報、Mさんが行っている活動について、聞く機会がありました。


彼女の知り合いの方で、野良にゃんこにごはんを与え、避妊・去勢手術、そして排泄物の処理までできる範囲内で1人で活動している猫おばちゃんがいるとのこと。

すでに100匹以上のにゃんこに自費で手術を施し、毎日範囲を広げて野良にゃんこのお世話をしているのだそうです。



今日は区議会議員さんや保健所の方たちとお話をする機会が設けられたので、無知な私も参加させていただきました。


行政の方たちに対して私は「どーせ、おなざりな仕事しかしないんだろう」と思っていたのですが、かなり熱心に地域に働きかけをしているようで、ちょっと驚き。(^^;)

有益な時間を過ごすことができ、ちっぽけな私でも、できることはお手伝いしたいなと思いました。


世間の目は冷たく、野良にゃんこにごはんをやっている現場だけを目撃して非難をあびせる人たち、奇異な目で見て知らん顔する人たち・・・私もその1人でした。

猫おばちゃんも、そういう冷たい風潮ですから、1人でひっそりと目立たず低姿勢で活動を続けていたそうです。

しかしMさんの働きかけで、行政の方たちとも結託して活動の場を広げることができそうです。


野良にゃんこを捕獲し、避妊・去勢手術を施し、餌を与えることによって


発情時の鳴き声・ゴミあさり・糞尿の異臭等がとても減っているそうです。



まだまだほそぼそとですが、素敵な人たちの活動で、野良にゃんこから地域にゃんことしてまわりの人たちから認められ、地域にゃんこたちが住みよい町になればいいなと思いました。




いやいや、無知って怖いですね。
わんこオンリーな自分でしたが、これからは少し視野を広げてみなくては・・・(汗

[PR]

by peach--hips | 2006-08-24 17:33

来月うちのだんなちゃんが夏休みをとるので、たまには遠出しようぜっ♪てことで、沖縄旅行を計画。
ANAのわんわんフライトってやつですね。
予約も入れて、旅行に向けてラムの足も良くなるようにとがんばりつつ・・・。



しかし・・・



これまた知り合いの方のブログから得たものですが・・・


JALで旅をしたわんちゃんが死亡するという、なんとも悲しい出来事が。

ビスコの日記のビスコちゃん、熱中症で亡くなってしまいました(涙



この事実を知らなければ、最近は貨物室の温度調整もきちんとしていると航空会社の説明にはあるので、まさか亡くなるなんてことは考えてなかったです。


旅行の申込書が届いたときに、

「私は貴社航空便による私の手荷物・ペットの運送にあたり、当該運送中に発生した損害については貴社の故意または重過失に起因するものであることを証明した場合を除き、貴社に対して一切の責任を問わないことに同意します」

って同意書が入っていたので、「ん?!」とは思ったのですが、形式上のものだろうと軽く見ておりました。


ビスコちゃんだけではなく、他にもJALで亡くなったわんちゃんがいるようです。


不慮の事故といえばそれまでですが、やはり知ってしまったら、あえてリスクをおかしてまで飛行機で旅行をする意味があるのか?


別にわんこが「沖縄につれてってー」って言ったわけでもなく、人間さまが行きたいだけであるわけだし、もしも連れて行って、ラムと再会した時にぐったりとしていたら・・・(悪寒




翌日早速キャンセル。


だんなちゃんもビスコちゃんの記事を見て、会社で泣いちまったそーです。



生体輸送に関して、もっときちんとした対応が早く取られるといいですね。


ビスコちゃんのご冥福をお祈りいたします。m(_ _)m

[PR]

by peach--hips | 2006-08-23 19:59

知り合いの方のブログから得たものですが・・・

f0077097_2034143.jpg


筆者は「死国」や「桜雨」などで著名な直木賞作家、坂東眞砂子氏だそうです。

下記文面。

プロムナード(日経新聞18日) 子猫殺し―――坂東眞砂子
こんなことを書いたら、どんなに糾弾されるかわかっている。
世の動物愛護家には、鬼畜のように罵倒されるだろう。
動物愛護管理法に反するといわれるかもしれない。
そんなこと承知で打ち明けるが、私は子猫を殺している。
家の隣の崖の下がちょうど空地になっているので、生れ落ちるや、そこに放り投げるのである。
タヒチ島の私の住んでいるあたりは、人家はまばらだ。
草ぼうぼうの空地や山林が広がり、そこでは野良猫、野良犬、野鼠などの死骸がころころしている。
子猫の死骸が増えたとて、人間の生活環境に被害は及ぼさない。
自然に還るだけだ。
子猫殺しを犯すに至ったのは、いろいろと考えた結果だ。

私は猫を三匹飼っている。
みんな雌だ。
雄もいたが、家に居つかず、近所を徘徊して、やがていなくなった。
残る三匹は、どれも赤ん坊の頃から育ててきた。
当然、成長すると、盛りがついて、子を産む。
タヒチでは野良猫はわんさかいる。
これは犬も同様だが、血統書付きの犬猫ででもないと、もらってくれるところなんかない。
避妊手術を、まず考えた。
しかし、どうも決心がつかない。
獣の雌にとっての「生」とは、盛りのついた時にセックスして、子供を産むことではないか。
その本質的な生を、人間の都合で奪いとっていいものだろうか。
猫は幸せさ、うちの猫には愛情をもって接している。
猫もそれに応えてくれる、という人もいるだろう。
だが私は、猫が飼い主に甘える根元には、餌をもらえるからということがあると思う。
生きるための手段だ。

もし猫が言葉を話せるならば、避妊手術なんかされたくない、子を産みたいというだろう。
飼い猫に避妊手術を施すことは、飼い主の責任だといわれている。
しかし、それは飼い主の都合でもある。
子猫が野良猫となると、人間の生活環境を害する。
だから社会的責任として、育てられない子猫は、最初から生まないように手術する。
私は、これに異を唱えるものではない。
ただ、この問題に関しては、生まれてすぐの子猫を殺しても同じことだ。
子種を殺すか、できた子を殺すかの差だ。
避妊手術のほうが、殺しという厭なことに手を染めずにすむ。
そして、この差の間には、親猫にとっての「生」の経験の有無、子猫にとっては、殺されるという悲劇が横たわっている。
どっちがいいとか、悪いとか、いえるものではない。
愛玩動物として獣を飼うこと自体が、人のわがままに根ざした行為なのだ。
獣にとっての「生」とは、人間の干渉なく、自然の中で生きることだ。
生き延びるために喰うとか、被害を及ぼされるから殺すといった生死に関わることでない限り、人が他の生き物の「生」にちょっかいを出すのは間違っている。
人は神ではない。
他の生き物の「生」に関して、正しいことなぞできるはずはない。
どこかで矛盾や不合理が生じてくる。
人は他の生き物に対して、避妊手術を行う権利などない。
生まれた子を殺す権利もない。
それでも、愛玩のために生き物を飼いたいならば、飼い主としては、自分のより納得できる道を選択するしかない。
私は自分の育ててきた猫の「生」の充実を選び、社会に対する責任として子殺しを選択した。
もちろん、それに伴う殺しの痛み、悲しみも引き受けてのことである。(作家)






そんなに自然のままにこだわるんなら、猫飼うなよ。

あんたがいなけりゃ、毎年約45匹の子猫が崖から突き落とされずに済むんだよ。

直木賞がなんぼのもんじゃ。



おまえが逝けっ!!
[PR]

by peach--hips | 2006-08-22 20:47

行ってきました、軽井沢。

もう「よいしょ罰金」たまりまくりですよ~。(涙




ったく、なんだ、あの男は…



駐禁取り締まりおやぢみたいによいしょ取り締まりおやぢになりやがってっ!(`ε´)


しかもすごくニコニコ楽しそうなのが癪なのよぉ~~~。


この際無口になってやるっ!!て思ったのに、「よいしょ」だけは軽はずみに出ちゃうのが泣けるわ…。



お天気悪しと思ってたけど、早起きして晴天ドライブ。




休日の朝、新緑に囲まれたカフェで、優雅にブランチ♪


と、いっときの幸せを味わっていると、





きたきたきたっ!!




野獣どもっ!




もちろんラムのママ犬マロちゃんと兄犬アクア君。



アタック!アタック!アタック!



ハイ、瞬時に服は肉球&アートなよだれ柄にイメチェン。



で、浅間牧場へ移動。


って、毎度バカの一つ覚えで同じコースですね。(汗


でもねー、お勧めですよ~。

浅間牧場あんま人いないから。


f0077097_19524995.jpg


f0077097_19525948.jpg



と、牛と戯れ、見晴台で休憩してたら、雲行きが・・・




ゴロゴロゴロゴロ


おぉ~雷きたぞー。

雨きたぞー。


急いで退散!


どしゃぶり間一髪で車へ到着。



まだチェックインまで時間あるしぃ~、かといってわんこ遊ばせるところないしぃ~


ってことで、ボーリングへGo!







が・・・、雷で機械故障。




じゃぁ、しょうがない、アレやるしかないじゃないか。




あの・・・白熱しすぎてしまうスポーツ・・・






The 卓球





あ、熱すぎるっ!も、萌えすぎるっ!マ、マヂすぎるぅ~~~!




大豪雨&雷のとどろく中、勝るとも劣らぬ白熱卓球。


たった30分で体から湯気たちのぼりました・・・。



そして、雨も小降りになったので今回の宿泊先、とあるペンションへ。
また名前伏せてるよ…



前回の軽井沢は、極寒の宿。

今回の軽井沢は…




とってもきれいなペンションでしたよ~♪
しかもとてもお安い!
でもってまたまた貸切状態。


白熱卓球でハラペコになり、待ちに待った夕飯!

おいしいスープ~♪

おいしいサラダ~♪

おいしい前菜~♪

ふつうなパスタ~♪

ふつうなムニエル~♪

あやしいステーキ~・・・・・・?





結局・・・なんの肉なのか謎のまま食い終わりましたぁ~~~!



なんの肉かわからないで食べるって結構・・・勇気が・・・いるもんなんですね・・・。
でも腹減りすぎてて食っちゃいましたけど・・・。


芸能人がよく海外でわけのわかんないもの食べさせられたりしてますね。
アレって最後に答え教えてくれるけど、教えてもらわない方が良かったって結果ばかりなので、今回は
幻のステーキってことで一件落着。


翌日は気持ちのよい晴天!

どんきと一緒に行ったドッグバケーションへGo!

f0077097_202217.jpg


適当にわんこを遊ばせ・・・

f0077097_2026371.jpg

f0077097_20261836.jpg

f0077097_20262779.jpg


ドッグランで昼寝ぶっこいて、帰ってきましたー。


今回も楽しい旅路でございました。チャンチャン
[PR]

by peach--hips | 2006-05-21 20:33